箱根 翠松園 いや~温泉満喫だわな

標準

毎年お誕生日はどこかへ出かけて、ごちになるのだけれど。今年は箱根の温泉じゃ~っ!ゆっくりまったり、美味しいものも食べたいしと小涌谷温泉の翠松園へ。

朝から車でお江戸へ行き、お江戸でランチ。その後車で一路箱根へ。東京からだと、2時間弱で着いてしまう。

 

いや~ほんといいとこだよ、ここ。三井の別荘だったとかで、とにかく広い。敷地の真ん中にある古い建物をレストラン、バーとして活用。それを囲むように、客室棟が建っている。

 

翠松園 レストラン&バー

 

今回どうやらお部屋をグレードアップしてくれたよし、平日利用だとこういう利点もあるから嬉しい。

 

室内はかなり広い。内風呂はジャグジーだし。

 

翠松園 部屋 内風呂

 

半露天風呂は湯船が大きくて家族三人くらい入れそう。テレビ付きで源泉かけ流し。24時間お湯が出せるから、一日中温泉三昧、温泉天国

 

翠松園  半露天風呂

 

そして室内にはネスプレッソなどあり、どうぞご自由にとのこと。こんなに一日で飲めないぜ!

 

翠松園 室内 ネスプレッソ

 

冷蔵庫の中も、ご自由にお飲みくださいとのこと。こんなに~?飲めるぜ!

 

翠松園 室内 冷蔵庫

 

手前にカテキン茶とヘルシアのボトルは持ち込んだものだけれど、これだけたくさん~って感じ。しかしまあ、それなりの値段なのでこのくらいサービスしてくれないと納得しない人も出てくるかもしれないし。最近、冷蔵庫ご自由に、という宿(旅館もホテルも)が多くなっているが、本当によいことだと思う。

 

さて、夕食は事前に予約していた鉄板焼き。ま、お誕生日だし、温泉でゆっくり鉄板焼きっていうのもいいかなと。

 

いつもならシャンパン1本のもうぜ、となるのだけれど。最近の私はたしなむ程度の女なので、グラスで乾杯。お酒のお通しとして、揚げたゴボウと、山芋の磯部揚げが出てきた。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_1

 

鉄板焼きカウンターは6~8人がけ。早めに予約していてよかったかも。食事が始まる前に、料理長の青木さんから丁寧な説明あり。さ~て夕飯の始まり。

 

まずは前菜、フォアグラの味噌漬け、リンゴのコンフィチュール。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_2

 

フォアグラの味噌漬け、うまし!シャンパンのあとのワインにもばっちり。ケンゾーエステートの紫鈴2008年産。これ、飲みたかったので、ここに置いてあって嬉しい。

 

翠松園 夕飯_鉄板焼き_3

 

お次は茸のコンソメスープ。何種類かの茸を鉄板で炒めて、仕上げにコンソメスープと一緒に。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_4

 

秋だし、どうせだったら、乾燥ものでもいいからポルチーニ茸とか、フクロ茸とか入っていたらもっとよかったのにと思ったりする。これはちょいと、物足りない系の茸スープだった。

 

お造り。

 

翠松園 夕飯_鉄板焼き_5

 

タイと、中トロ。中トロの上に乗っている、ポン酢のジュレは絶品。わさびとそれだけで十分味わえる。タイはね、ちょっと臭かったな。処理が悪いのか、それだったら昆布〆にしたほうがいいのではと思ったり。

 

魚料理はチョイスできる。三種類あり、クロアワビとか、伊勢海老は料金をプラスしたら食べられる。が、大原から来て何が悲しくてわざわざクロアワビとか、伊勢海老を食べなきゃいけんのか。ということでタイのグリエをいただく。

 

翠松園 夕飯_鉄板焼き_6

 

目の前で皮をじっくり焼いてくれる。タイは皮が美味しいもんな。途中ソルベが出て、そのあとプラス料金でシェフのおすすめがあるとのことだけれど、そしたらメインの肉が食べられない。ということで、メインのお肉。サーロインとヒレから選ぶのだけれど、両方ともかなりのさしが入ったいいお肉。夏の焼肉大会の肉には劣るが、それなりの高級肉だ。どちらかというと、ウェルダン好み。シェフがうまく調節してくれて絶妙な焼き加減。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_7

 

ニンニクスライスいっぱい!そして手前の薬味。右から順につけて、変わった味を楽しむとよしとのこと。まさにそうかも。でもな、やっぱり肉は塩とワサビで食べるのが自分好みである。

 

もうお腹いっぱいだけれど、焼き飯二種とただの白いご飯からチョイス。

秋鮭とたらこの焼き飯。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_8

 

ガーリックライス。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_9

 

これ、お腹いっぱいなのでおにぎりにしてもらう。(部屋に帰ってから寝る前に1人で全部食べたし)

 

で、デザートはめいっぱいサービスしてもらってお誕生日バージョンに。

 

翠松園 夕食_鉄板焼き_10

 

スィーツにあんまり興味がない私だが、これはうれしいかも。過去に経験があるが、サービスに特別ケーキとか出されたら、ほんと嫌だもの。

 

お腹いっぱいになったので、同じ建物内にあるバーへ。ここのバーは、ほんとすごいかも。基本、外から飲みに来てもいいらしい。お酒の種類が豊富だし、ワインもシャンパンもかなりそろえてある。バーが充実している温泉宿って、なんか理想だと思う。箱根でまあまあ充実しているのは、富士屋ホテルのバーだけど。あそこは暗くて、お化けがカウンターの隅に座っていそうで怖い。このバーも、実は建物が古くてそれなりに怖さはあるけど・・・

 

翠松園 バー

 

部屋に帰って、温泉に入り、熟睡。とても幸せな誕生日であった。翌日の朝食は和食か洋食かチョイスする。レストランの個室にていただく。量的にも多くもなく、少なくもなくちょうどいい。

新鮮な野菜。

 

箱根翠松園 朝食_1

 

箱根翠松園 朝食_2

箱根翠松園、以前から気になっていて今回お誕生日ということでのゴチ旅行だったけれどそれなりの値段なのでいつも来られるわけでもない。でも、素泊まり料金設定もあるし、ルームサービスがまた充実している。温泉に入り、まったり自由にすごし、お腹がすいたらルームサービスで何か食べる。外からお弁当か何か買ってきてもいい。飲みたくなったらバーへ行ってもいい。そんな感じで二連泊くらいしたい、と思うような宿だった。それが実現できたら、ほんと幸せだろうな。

 

やっぱり、箱根大好き。そしてまた翠松園に行ってみたい!ということで、ゴチになりやした!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中