秋に近づく庭  

標準

猛残暑も過ぎ、ずいぶん過ごしやすくなった今日このごろ。

 

庭もだんだん、秋に近づいている様子。

 

8月まではマメに剪定していたけれど、もうそのまんまにしていたらジャングルのようになってしまったトマト。

 

2013 トマト

 

今年はトマトの苗を2本しか買っていない。が、剪定した元気のよさそうなのを隣に植えて行き倍に増やした。トマトの苗が元気がいいのか、ミニ菜園の土がいいのか?どっちゃにしろ、来年もこの作戦でやろう。剪定も大事だけれど、放っておいたほうがなんだか美味しい実が成るような気がするんだが・・・そしてまだまだ実が成っている。たぶん、10月初旬まで収穫できると思われ。青いトマトはそのまま室内に置いておくと、赤くなる。それでドライトマトでもつくるかな。

 

西側から植え変えたオリーブ。植え替え直後、朝起きたら葉っぱがほとんと下に落ちてしまった。その後追肥をしたりして、8月の初めころからちょっとずつ葉っぱが出てきた。いまはもうこんなに!完全復活だ。

 

2013 オリーブ

 

植え替えをしてくれた、地元ではイケメンの造園屋のお兄ちゃんに聞いたら、オリーブは植え替えが難しいのだそうだ。新しい場所に順応しにくいというかね、なので葉っぱが下に落ちたからよかったですよ~だって。葉が付いたままだと、8割がただめらしい。それ、早くいえよ、って感じでもないが・・・ま、どっちゃにしろ復活したのだからよかったってことで。

 

ペチュニアも猛暑のせいか、今年はあまり花を咲かせなかった。もうちょっと日陰においたほうがよかったのかもしれない。

 

2013 ペチュニア

 

ちょっと涼しくなってきたから、元気になってきたのね。

 

去年2鉢植えた百日草、1鉢は一瞬にして枯れてしまったので、断念して放置した。今年も8月初めの猛暑日、朝は元気だったのに夕方になって全部枯れてしまった。が、これって一瞬にして枯れたのだからもしかして復活も早いかも?と思い、一日中日の当たる場所から、ちょっと日陰になる玄関先へ移動する。そしたら復活したっ!それからずっと、玄関先で華々しく咲いている。

 

2013 百日草

 

白苗2本、赤苗1本だけ購入して、こんなボリュームでがすよ。すごいな。

 

春に初めて花を咲かせてくれたコブシの木、スス病にかかってしまい、葉っぱが黒くなってしまった。落ちたり、枯れたりしてないので、そんなにひどくはないようだけれど、虫の糞が原因でなるらしい。そういえば蝶なのか、ガなのか分からない、黄緑色のシジミ貝を閉じたような虫がたくさんついていたっけ。これは殺菌することで治るらしい、と他人事のように地元ではイケメンの植木屋のお兄ちゃんがいうのだ。あーたが、やるのよ!ときつく言うまで他人事の彼。なんのために呼ばれたと思ってる?ま、天然というかなんというか・・・

 

で、そんなこともありコブシを観察していたら、実が成っていた。そうだよな、花が咲いたら実が成るのだ。

 

コブシの実

 

花が咲いたら実が成る、のだがこちらはその反対かも。今年の春、花の数がひじょうに少なかったハナミズキ。そういえば昨年の秋は、赤い実の数が少なかった。引っ越し祝いで姉と弟から2本いただいて、姉の樹は昨年枯れてしまった。ゴルフ場のキャディーさんが、ハナミズキは夏によっぽど水をやらないとだめだよ、枯れるよ、っていわれたのを思い出し、この夏めちゃ水やりに気を使った。すると今年はすごい勢いで元気に育ち、実がたくさん!!

 

ハナミズキの実

 

このちっちゃこい、白い実が、葉が落ちたころに赤くなるのだ。赤い実がたくさん成るということは、来春の花もたくさんさくということ・・・だ、と思う。さて、どうなることやら。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中