飯山線制覇の旅 戸狩野沢温泉~越後川口(飯山線)、越後川口~東三条(信越本線)、東三条~吉田(弥彦線)、吉田~新潟(越後線)で新潟へ。

標準

飯山線制覇の旅続行、ということで野沢温泉から戸狩野沢温泉駅へ。長野は朝から大雨で、関東から来た私にとってはひさびさの雨だ。傘も持ってないし、靴だって雨に対応できそうもないの履いてるし。ま、ずっと電車に乗ってるんだから、いいかなって感じ。

戸狩野沢駅を出て、長野県から新潟県に移動って感じ。とちゅう替佐という駅で車内アナウンスあり。「故郷」、「春の小川」、「朧月夜」、「紅葉」、「春がきた」、など有名な唱歌の作詞者高野辰之の生まれ故郷があり、飯山線から見える風景がモデルとなっているらしい。そういえば、佐久平駅のあのドでかいからくり時計も「故郷」が流れていたし、高野さんが長野出身者だからかな

森宮野原駅を境に新潟県に入るわけだが。

 

飯山線 森宮野原駅

 

なんとこの駅、JRの日本最高積雪地点。

飯山線 森宮原駅 積雪最高地点

 

ここを過ぎると長野県から新潟県に入る。気が付くと、いままでずっと右側に流れていた千曲川を越えていて、電車はずっと山奥に入っていくような・・・

 

途中十日町で一度下車、お昼どきだったので何かないかなと物色するも、十日町の駅にはなーんにもない。北越線側に立ち食いそばがあるという情報を駅員さんから入手、この日のお昼は立ち食いそば。なんか久しぶりだな。むかし新橋駅の立ち食いそばで着物着て食べていたら、結構目立っていたっけな。(当たり前だわな)

 

十日町から終点越後川口行きに乗り、飯山線制覇!

 

飯山線 キハ110系 

 

 

 

 

越後川口駅 飯山線制覇

 

お天気が心配だったけれど、飯山線制覇は達成できた。これから新潟に向かうのだが、新潟近辺には鉄道地図が白い部分がまだある。ということで遠回りして、さらに塗りつぶしの旅は続くのであった。

 

まず、越後川口から信越本線に乗り東三条へ、新潟行きに乗っているのに途中下車をするんだもんね。そしてこの区間はすでに塗りつぶしてあるので、なんとなく気が緩む。前日からディーゼルづいていたので、電車がいかに早いかということを知るのだった。

東三条から弥彦線に乗り換え、吉田まで行く。ここでなんとも気持ち悪いが、弥彦線制覇ならず2駅残して越後線に乗り新潟へ向かう。高山本線制覇のおり大雨で猪谷で電車が止まり、猪谷~富山間をいまだ制覇してないという残糞感があったが、それに近いものがある。いつかは弥彦まで行かなきゃだわな。

 

ということで、無事新潟へ到着する。飯山線、雪の深いときにまた乗りたいものだ。

 

越後川口駅 飯山線制覇

 

この夜は、古町へ・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中