いすみ鉄道の駅弁対決 忠勝弁当 VS 漁師のまかない飯

標準

先日の上京のおり、いすみ鉄道大原駅にて土日限定で売っているという弁当を買ってみる。

まずは忠勝弁当。いすみ鉄道沿線、大多喜駅には大多喜城がある。城主であった、本田忠勝をもじったんだ。

いすみ鉄道 忠勝弁当

とんかつ弁当で1000円、ごはんの量が少なくて、見た目はいい感じ。

忠勝弁当中身

だが、残念なことにこのカツおいしくない。油の臭いが変だ。付け合せの芋タコ豆がおいしいから、まだちょっとは許せるが。これはないな。こんなまずいとんかつ弁当で1000円出すくらいなら、ちょっと歩いて商店街にあるマルイで350円の弁当を買ったほうがいいと思われる。

そしてもう1つ。漁師のまかない飯、美味とかいてあるし期待大。

いすみ鉄道 駅弁 漁師のまかない飯

見た目は魚好きのハートを射止める感じ。いかの天ぷらも入ってる~

漁師のまかない飯 中身

エリンギをアジの西京漬け?で巻いてグリルしたもの、イカのフリット、おかずと付け合せはおいしいから、それだけで救われたが、このイワシだか、アジのサンガ焼きのそぼろはあまりおいしいとはいえない。半分食べて、あとはお茶をかけて食べるとのことだが、そんなことどこにも書いてないからそのまましょうがなく食べた。どっちゃにしろ、だったらスプーンちょうだい、って感じで期待はずれだったな、臭みが弁当全体にいきわたっちゃってるし。これも1000円の価値、あるかなと。でも忠勝弁当より、こっちのほうがインパクトがあるし、内容的にはいいかも。大原らしいからいすみ鉄道の駅弁としてはこれからももっと頑張って価値を上げていってもらいたいと思う。

ということで、今回の駅弁対決は漁師のまかない飯の勝利。

競合がいないだろうし、駅弁の数も少ないから、売り切れるのだろうけれど。これだったら、350円のたこ飯を買えばよかったと後悔しきり。東京駅の「祭」に行けば、1000円前後の値段で、全国の駅弁を売っていることだし。いすみ鉄道もいろいろ頑張っているから、応援はしたいけれど、たかが駅弁、されど駅弁ということを考えてもらいたいものだ。鉄道ファンの舌をばかにしちゃあ、いけませんぜ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中