庭の模様替え?  庭木の挿しかえ

標準

4年前に植えた引越し祝のハナミズキ、姉と弟からいただいたものだが、(けっこう無理矢理お願いしたもの)姉のハナミズキが去年枯れてしまった。南側なので夏は葉っぱが陽射しを押さえてくれていたのだが、昨年の夏はこの1本がないだけでずいぶんと部屋の中が暑かった。見た目も涼しげだったのに、なくなってしまうとこうも違うものかという感じ。

西側に2年前に植えたオリーブの樹は、40~50センチの小さな植木だったのに、いまや1メートル超え。なんだか密集してしまったということもあり、枯れたハナミズキを抜いて、西側のオリーブを挿しかえようと、去年からお願いしていたのだが。やっと勝浦のイケメン(勝浦ではイケメン)庭師の造園屋が来てくれたので、予定通り植え替えてもらう。

オリーブを植え替える

残った西側のオリーブ2本は、間隔をとって植え直す。

西側のオリーブ2本と山茱萸

オリーブの奥にちょっと見える黄色い花は、2週間くらい前に植えた山茱萸。花が咲く前に植えたのに、枯れずに満開になったのでもしや挿し木成功かもしれないとう勝浦ではイケメン庭師の話。

隣にブルーベリーが2本あり。この樹は3年目くらいかな、これも30センチぐらいだったが、いまや1メートル超え。

ブルーベリーの蕾 2013

花もたくさん咲いているので、今年はけっこう実が成るかもしれない。

そして新たに鬼門である丑寅の方角、家の裏手になるんだけど。ここにヒイラギを植えてもらう。

鬼門にヒイラギ

まだ小さい樹だけれど、ヒイラギはけっこう早く育つとか。クリスマスに活用できるし、鬼門にヒイラギは魔除になるんだよね。

生き残ったハナミズキに、蕾の蕾が数個出てきた。

ハナミズキの蕾の蕾

一昨年までは枯れたほうも、こっちもたくさん花が咲いたけれど、去年からこっちのほうも花数が少なくなった。「花が少ないのはその土地に合っているということなんです、いい土だと花が少なくなるんですよ」、と。勝浦ではイケメンの庭師がいうけれど。うーむ、じゃあ何でもう1本は枯れたんだ?と思ってしまう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中