やっと治りました。白いお兄さんの目。

標準

実は8月10日前後から、つい先週まで、白いお兄さんはエリザベスをつけっぱなしだった。

左の瞬膜が腫れて目が赤くなり、涙や目やにが大量に出ていた。

で、最初に近くの病院に行く。そこの先生はいい先生なんだけど、非常にびびりでうちのお兄さんには手を出したくないとのこと。前回の診察で、キャリーから出そうとする私の手をひっかいて血だらけになってしまったからびびっているのだ。

豹変とはいうけれど、捕らえられた野生のライオンみたいに暴れる。白いお兄さんは病院嫌いだ。

 

というわけで、目薬、抗生剤の入った塗り薬をもらって帰る。

毎日つけること2週間、ぜんぜん腫れがおさまらない。

治らないからどうしてくれる?ぐらいの勢いで同じ病院に行く。今度は抗生剤飲み薬と、抗生剤入り目薬をいただく。またまたつけること2週間、ぜんぜんだめだ。

しゃあないと、車で20分先の御宿方面の病院へ。こうなったらちゃんと診察してもらわなければいけないから、バスタオル、洗濯ネットを用意。

 

とにかく診察しましょうということで、車の中で赤ちゃんをおくるみにくるむように白いお兄さんをバスタオルでぐるぐるまきにする。

病院内じゃないから、いつものようになすがままのとってもいい子。

赤ちゃんみたいに可愛く包んで、下からネットに入れて、頭だけ出す。このかわいい姿、写真に撮りたいけれど、なんせ両腕ふさがってるので撮れないのが残念。だから、想像してみて。

結局、目に傷があるかないか検査をしたが、異常はなさそう。もしかしたら、何か異物が入ってるのかもしれないとのこと。一応、飲み薬と目薬で様子をみましょうといことになる。

そして2週間。やっぱり治らない。エリザベスをずっとつけているので、お兄さんちょっとストレス気味になる。

目やには少々おさまってきたので、私が近くにいるときだけエリザベスを外していた。目の下にたまった目薬や目やにの汚れは、ご本人が前足でこすったほうがきれいになるし。

そんなことを1週間ぐらい続けていたら、ある日突然瞬膜の腫れがひいているではないか。

昨日は腫れていたのに。やっぱり、何か異物が入っていたのではないかと思う。

ちょっと形のあるものだったら、すぐに出てくるけど、たとえば黒猫姫の毛だったら、すく細くてなかなか出てこない。現に私も眼科でとってもらったことがあるし。

 

きっと自分でお顔のお手入れをしているときに、出てきたんじゃないかと想像する。

 

ま、とにかくよかった。ということで、白いお兄さん、エリザベスカラーからやっと解放されたのであった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中