疲れたときの晩ごはん

標準

梅雨どきのせいか、異常気象のせいか、毎日温度差がありすぎる。急に気温が上がると、湿度も高くなってお疲れ気味になるんだよな。

冬場だったら、いい加減な夕飯ですませちゃうのだが。これからの季節、食べものは大切なのだよ。

というわけで、疲れていたけれど簡単に作れるもので晩ごはん。

左上から時計回りで。納豆。ニラ玉、もやしのナムル、イナダのグリル・バジリコソース。キャベツと生のりの味噌汁。黒米入り玄米ご飯。

ちゃちゃっと作れる。といっても、味噌汁は多めに作って冷蔵庫に入れてあったからおかずを3品作っただけの話。イナダを弱火で皮がパリパリになるぐらいまでゆっくりグリル。その間、ニラ玉、もやしのナムルを作る。ニラ玉は焼くだけだし、もやしのナムルは茹でている間にたれを作って、茹で上がったら水気を切ってたれを混ぜ混ぜするだけ。これはホウレンソウやニラのナムルとまるっきり作り方おんなじ。あー、なんという至福のとき。これから夏に向かって、疲れたときこそ自分でごはん作ってちゃんとパワーをつけねばならぬ。しかし、美味しかったな。(自画自賛)

湿度も温度も高くなってきたら、熱中症対策で朝、夜味噌汁を飲むことにしている(血圧が高めの冬場はたまにしか作らないんだけど)。昔からの日本人の食生活には、それなりにわけがある。近年熱中症で倒れたりする人が多くなったけれど、食生活にも問題があるようだ。味噌汁や梅干は、夏に欠かせない食べ物だし、ずいぶん前にいただいた梅酢があるんだけど、未だ夏に大活躍している(そろそろなくなりそう~)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中