ハナミズキ再生計画 2012

標準

我が家のシンボルツリーでもあるハナミズキ。姉と弟から、引越し祝にいただいて2009年の秋に植樹したものだ。

そのうちの1本、弟の樹の先のほうが昨年枯れてしまい、思い切って切ってもらったのだけれど・・・今年は花も咲かなく、若葉の出も悪く、かなり広範囲に枯れていることが分かる。

植樹してくれた造園屋のおにいちゃんと相談して、根元に油粕をまく。

で、やっと時間が空いたおにいちゃんが若葉の出ていない枯れている部分を切りにきてくれた。

いままで2回、何の問題もなくきれいな花を咲かせていたのに・・・これで、まるっきり葉っぱも出ないような状態だったら、秋に植え替えしようという話だったんだが。

油粕の効果があったのか、根元のほうから可愛い若葉ちゃんがたくさん芽を出している。

うわ~よかった。まだまだあきらめちゃだめだ!私もできるだけ声をかけて応援するから、ぜひ病気に負けずがんばって来年も花を咲かせてほしいものだ。

お恥ずかしい話だが、実は枯れてきてからここのところずっと樹に話しかけていた。やっぱり、生き物だからかわいがってあげないと、がんばれないよな・・・

最近知ったことなんだが、ハナミズキはキリスト教のシンボルツリーだった。イエスがゴルゴダで磔にされた十字架は、ハナミズキであったということ。4枚の白い花弁は、十字架の形をしていること。その花の端の小さな赤い色は、キリストが磔にあったときに釘を打たれたときの血のしるし、といわれているらしい。樹皮の煮汁は犬のノミ退治に使われたことから、dogwoodとも呼ばれる。マスターズが行われる、オーガスタ・ナショナルクラブのシンボルツリーでもある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中