香港グルメ 2012 その4 ビストロ Olala

標準

場所はすいませんが、分からぬ。分からぬが、結構山の上、立ってられないくらいの坂の途中にある。下のほうに、同じ名前の麺の店もある。

という、香港風ビストロOlalaに連れていってもらう。オーナーさんは20年近くフランスで修行してから、この店を出したとか。こだわっているのは食材で、フランスから直送されてきた本場の食材で、自分なりの香港フレンチを創作しているとか。

とかって、本当にそんな感じで、またまた大好きなお店ができてしまう。まずはシャンパン、もちろんクリュッグ。(なんせ前日と同じ若手の大社長さまがご馳走してくれたので、飲む気まんまん)スポンサーの香港人1名、日本人9名、総勢10名の大宴会となる。

まずは前菜。

みんな顔が笑ってしまう。そりゃ笑うでしょ、↑がテーブルにどんと2台出てきたんだし。牡蠣はもちろん、茹でエビ、つぶ貝も美味しい~これはたぶん香港産だと思うけど。とにかく、すごく美味しかったな。

で、お次はフォアグラさ。

リンゴのコンポートの上に乗っている、フォアグラさ。で、またこれが美味しいのなんのって。

そのあと、ハモンイベリコベジョータの上物がどんと大皿で2皿×2回出てきた。5~6年ものらしく、本場スペインで食べた忘れられない味に香港で出会えたわけさ。

画像はといえば、いつものように飲むの食べるのに夢中になって、残念ながら残っていない。

ほかに、自家製ウナギスモーク入りサラダとか、大体どーんと大皿で出てきてみんなでシェアをするといった感じで、かたっくるしくなくていい。メインはいろいろで、鳩のグリル、ガチョウのグリル、牛フィレ肉のグリルなどなど、それぞれマッシュポテトやバターライス、フライドポテトがつけあわせになってどーんときて、わいわいがやがやとワインを飲みながら楽しくいただく。特に、ガチョウグリルの脂身、皮のあたりの脂っこいところの美味しさといったらない!脂身とシャンペンがあれば、私は世の中は幸せになっちゃうのであった。

ビストロOlala、超、超うまし。香港風ビストロで、楽しい香港最後の夜をすごしたのであった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中