カヴァ フレシネ

標準

外は寒いけれど、カヴァはギンギンにひやさなあかん。

カヴァやシャンパンは冷たくないとまずい。いくら寒い冬であっても、この冷たさが口当たりを決めるのであろう。ベストな泡を目標に冷やして飲むカヴァ、やめられん!

カヴァといえば、お手軽に購入できて美味しいのがフレシネ。ベイシアでは1180円で売っているが、内陸のほうの吉田屋とかでは平気で1680円で売っている。同じものなのに、この500円の差はなんだろうか?やはり、ベイシアはすごい。

そういってはいるが、外に飲みに行くと、1杯の値段がフレシネ1本より高いシャンパンをじゃんじゃん飲んじゃったりしている自分がいる。いくらおごりだからって、これからは節制しなきゃいけないと反省。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中