青いトマトでジャム作り 

標準

ジャムを作るのはうちの息子が小さいとき以来だ。はっきり言って私は甘いものが嫌いなほう。ケーキよりワイン、アイスクリームよりシャンパン、チョコレートよりブランデー、羊羹より日本酒ってタイプだし。

庭で収穫した青いミニトマトとミディトマトでジャムを作る。ネットでいろいろと検索して、適当に簡単に作る。

〈材料〉

青いトマト (ミニ&ミディトマト)   650g

ザラメ   200g

〈作り方〉

1.トマトをざく切りにして、ボールに入れ、ザラメと混ぜて10分くらい置いておく。こうすると、ザラメの糖分によりトマトの水分がたくさん出てくるので、水を加える必要がなくなるという話だが。

本当にすごい勢いで、水分が出てきた。

2.水分が十分出てきたら、トマトを鍋に移して超弱火でことことと煮る。灰汁がたくさん出てくるので、まんべんなくすくうこと。

これはもしや、トマチン?灰汁取りはちゃんとやろう。

3.たまにかきまわせながら、水分がなくなってきたら出来上がり。

ザラメを使ったせいか、色が微妙にブラウンちっくだけれど、あまじょっぱい香りがしていい感じ。

去年はフライド・グリーン・トマトの食べすぎで軽いマチン中毒になり、胃が焼けそうなくらい苦しくなって吐いた。今年はちょびっとずつ、青いトマトを楽しむぞい。

出来上がりを試食する。たしかにこのジャム、甘酸っぱくて、ほんわり甘さでいい感じじゃないですかい!!たしかに、肉料理のソースにいいかもしれぬ。

そういえば、フライド・グリーン・トマトって、アメリカの一部地域ではポピュラーな料理らしい。映画の題名にもなっている。そしてその映画、最初はそうでもないけどラストはホラーなんだと姉が言っていた。トマチン中毒か?いつか見なきゃだな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中