遅咲きのひまわり 2011 ひまわりの伝説

標準

どこかでおまけにもらったひまわりの種。5月GW頃に5粒、庭の西側に植える。

結局2つしか育たなくて、1つは雑草と間違えて抜いてしまう。残った1つは、9月の今頃になって花を咲かせている、遅咲きのひまわりだ。

朝日を浴びたひまわり。

夕方、西日を浴びたひまわり。

ひまわりの伝説がギリシャ神話にある。ある日、掟を破って日が出るまで遊んでいた姉妹のニンフがいた。太陽神アポロンを見た姉のニンフは、アポロンに恋してしまう。そして姉ニンフ、毎日アポロンのことをストーカーのごとく立ちっぱなしで追っていたら、しまいに足に根が生えて顔は花になってしまったというわけだ。英語でsunflower 、中国語で向日葵。だからひまわりは日を追って、花の向きを変えるんだ。ちなみに、アポロンが好きになったのは皮肉にもそのニンフの妹のほうだったらしい。

今年はこの花から種を取って、GW前に植えなきゃだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中