タラの白子ステーキ 脱皮伊勢海老の天ぷら 喜久寿司

標準

大原漁港近くにある、喜久寿司で毎年今頃になるとタラの白子ステーキが出る。白子はもちろん季節物で、昨年偶然これを食べてから忘れられない味の一品となる。

大原漁港には水産加工所があって、そこでタラの白子の加工をしているのだそうだ。そういうこともあってか、新鮮な白子が手に入るとのこと。

まったく悶絶ものの、このお味。白子に片栗粉をまぶし、よーくソテーして、上には同じく片面ソテーしたあん肝(もちろん自家製)、いっぱいネギを乗せてポン酢をかける。(このポン酢も自家製)

自家製のポン酢もいい感じの味が出ているし、これは家では作れない。年に一度のお楽しみなのだ。

年に一度のお楽しみと言えば、噂の脱皮伊勢海老。なんか、幻の超高級品だとかなんとか、テレビで放映されたことがあるらしい。でも、そんな幻品じゃないと房総の伊勢海老関係者はクレームを出したらしい。タイミングがよければ、いつでもお目にかかれるとか。

これは昨年、伊勢海老の季節(毎年9月~11月)に同じく喜久寿司で出してもらった脱皮伊勢海老の天ぷら。ソフト・シェル・クラブは食べたことがあるが、ソフト・ロブスターは初めてだった。海老のかたまり!って感じで感激したっけな。

いまも店内に「伊勢海老天ぷらあり」、と紙が貼ってある。昨年脱皮伊勢海老をたくさん確保、冷凍保存してあるからこの時期でも出せるんだと。冷凍であっても、なかなか食べられるものではないし、絶対に美味しいと思うからお薦めだ。

白子のステーキと、ソフト・ロブスター、尿酸値が高い人、通風の人は体に悪そう(?)。握り寿司を食べる余裕はないかもしれないが、それでもここの店主は文句言わないから大丈夫。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中