お伊勢参り その4(2010年11月)外宮 おかげ横丁

標準

外宮をお参りして、バスに乗り内宮へ向う。う~~猿田彦神社とか、月夜見宮に行きたかったが、今回はがまん。なんせ初だもの。

と、内宮に着くと五十鈴川にかかるでっかい宇治橋あり、まずは渡る。こちらは、日曜日だったのでかなり人がいる。

本当は五十鈴川でお清めするのがならわしで、御手洗い場がある。ただ今川上で工事中川の水が汚いので口は濯がないようにとの注意書きあり。手だけ洗わせてもらう。

いすゞ自動車の社名の語源は、この五十鈴川なんだそうだ。

人が多かったけれど、やはりなんか違う感じがする。大パワースポットなんだなと、改めて思う。大きな樹木もたくさんあって、ご神木なのかできるだけ触って、樹のパワーをいただいた。気は、樹ともつながるらしい。

御祭神である、天照大神をお参りする列。ここまで来たのだから、気長に並んで一番前でお参りする。

ひととおりお参りが済んで、お昼もとうに過ぎているのでお昼を食べようとおかげ横丁へ行く。

外宮から内宮へ行くバスは、宇治橋の目の前に着いたので、こんなところがあるんなんて知らなかった~!という感じのおかげ横丁。いや、まあ、すごいのなんの。店がたくさんあって、日光江戸村の10倍くらいの店が出ている。

私はとにかく、伊勢うどん!が食べたいと、どこかないかと探す。伊勢うどんだけの店が何軒かあったが、混んでいるし、落ち着かない感じだった。しかたなく、何でもありそうな店で伊勢うどんを頼む。賛否両論ある伊勢うどんだが、私は大好物になる。時間があれば、はしごをしてどこのが一番美味しいのか比べてみたかったくらいだ。ほんと、画像がないのが惜しまれる。

賞味期限詐称事件の赤福本店。すごい人、本店の中でも食べられるらしいが長蛇の列だったので、はす向かいにある赤福にて、赤福をいただく。超ワルは、赤福ぜんざいとやらを頼む。

おかげ横丁を満喫し、バスで宇治山田駅経由伊勢駅へと向う。

宇治山田駅はレトロで、さすが内宮に近いだけあって立派だ。伊勢駅は、撮るのを忘れるくらいだったけど。

こうして初お伊勢参り終了。森の中の外宮、内宮、やっぱり人を集めるだけのパワーはあると思われた。心が洗われるというか、空気が透明ですっきりした感じだった。(気のせいか、樹のせいか???)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中