青いトマトの恐怖

標準

房総も寒くなってきて、そろそろ冬場の野菜を植えなきゃだし、来年の春夏のために土を耕さなきゃいけない。夏の野菜を処分する。もう収穫も終りなんだが、青いフルティカトマト、ミニトマトが大量に残る。

このトマトは一体どう処理すべきか、食いしん坊な私はネットでレシピを検索。結構いろいろと流用できそうだったので、試してみる。

まずスライスしてめんつゆで食べてみる。まだまだ苦味がある。一番多いレシピがぬか漬けと、味噌漬け。しかし私は血圧関係により、そういう類は家で作らない主義。どうしたものかといろいろ見ていると、フライド・グリーン・トマトっていうのがあるじゃん。なんでもアメリカのどこかでは、青いトマトをフライにするとか、粉をまぶしてソテーして食べると。正にその名の映画まであるらしいとのこと。

こりゃいいわ、と青いトマトをスライスして、全体に小麦粉をまぶし、フライパンでソテーして塩コショウなんかして味見をすると、結構いける。これだけじゃ物足りないと、とじた卵を入れてスクランブルする。

超おいし~。と、フルティカトマト15個くらい分のそのフライド・グリーン・トマトをご飯のおかずにぺろりとたべてしまう。ちょっと苦味があったけれど、卵で気にならなかったし、ゴーヤだって苦いじゃん、と軽い気持ちで完食したのち悪夢が始まる。

食後に仕事をしていると、なんか寒気がしてくる。風邪かな?そしてむかむか、つわり?(なはず絶対ないし)そして、胃がむずむずしてくる。こういう感覚、昔ダイエットのためにリンゴ酢飲みすぎて同じようなことがあった。と、思い胃薬を飲む。しかし、まだざわつきは治まらない。ついに嘔吐してしまう。(もちろんお手洗いですわ)本当にぜ~~んぶ吐き出してしまう

私、一体ど~なってるんだか。と、まさかと思い、青いトマトのレシピとかじゃなく、もう一度検索してみる。すると、すると「青いトマトにはトマチンという毒が入っていて、食中毒のような症状が起こり、大量摂取すると死に至る」、らしいのだ。ひょえ~~~~。そんなのしらなんだ。何でも、トマトが青いときに毒素を持っているから虫もよりつかず、実っていくんだと。そういえば、キュウリには虫がついたが、トマトは無事だった。特にこいつら(トマト)は毒性が強かったのね。

ということで、青いトマトにはご注意。でも、トマチンを消す食べ方というのもありそうだが、知っていたら教えてもらいたいかも。

広告

1件のフィードバック »

  1. 緑色がかなり抜けて白っぽくなっている果実なら、次のように後熟させると、見た目も味も木成り完熟と変わらなくなります。
    http://homepage2.nifty.com/tane-tak/fmsg11/tomato_kohjuku/tomato_kohjuku.htm
    毎年こうして美味しく食べています。健康への弊害は感じません。トマチンは、おそらく完熟果並みに減っているのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中