2010年中国旅行 大同~太原 平遥古城

標準

大同にて1泊し、専用バスにて太原まで行く。朝早くに出て、5時間かけての長旅。中国のハイウェイはさすが大陸、ほとんど真っ直ぐでカーブが少ない。

太原市はガイドいわく、世界でもっとも空気が汚れているそうだ。ジャカルタよりもすごいんだかな?たしかに、石炭資源が豊富な山西省は火力発電でほとんどのエネルギーを賄っているし、北京にエネルギーを送っているそうだ。これだけ人口が多い国だし、そりゃとてつもないパワーなんだと思う。

バスの車窓からの景色は、そういったこともあり真白い煙を吐く火力発電所を随所で見ることができる。むかし、むかし、軽井沢に行くバスのなかから、安中工業地帯を見たときのような、あんな感じ。間違いなく汚染されているんだろうな。

平遥古城は現存する、中国唯一の城壁の町。西安、北京ともいまは城壁は一部しか残っていないが、ここはそのまま残っている。

私は行ったことないけど、雲南省の麗江古城もこんな感じで、これにプラス脇水が流れていて綺麗だそうだ。ここはその点、ユネスコ世界遺産のわりには汚らしいかも。現在住人を三分の二追い出し、観光用に随所で工事中。あと何年かしたら、日光江戸村の中国版みたいなのができる予定。

古城の真ん中にある、門に登って辺りを見る。

城壁に上って散歩

城壁から下を眺める

門の内側に敵を入れて、上から石やら、矢やら、槍やらを落としてやっつけるんだそうで。実際ここでたくさんの敵がお亡くなりになったと思うと、なんだか不気味な感じがする。

これから数年かけて人を追い出し、整備をして世界遺産らしく観光都市になる予定の平遥古城。トイレがきれいになって、安心、安全な食べ物が出てくるなら賛成だが、追い出された人はどこに行くのやら。外は汚染された空気でいっぱいだし・・・

平遥古城、大きな大きな城壁の街。それ以外に、何も感じなかったかも。だって汚いんだもん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中