日別アーカイブ: 2007年9月16日

またまた中国?

標準
☆またまた中国?
 
 明日からまたまた中国に行ってまいります。今回はお久しぶりのオールディーズとの珍道中。おなか壊さないように気をつけなくちゃ!です。
 本日は秩父の宮ラグビー場にて、五郎丸君を観戦。帰宅して、大好きなサンハウスを聞きながら書きこしております。無事帰還しましたら、温パス初の何で今までなかったの?カテゴリに「音楽」ネタをじゃんじゃん書き込もうと思っています。
 
 サンハウス、菊どん、柴山さんの詩は素敵です。ちょうど今頃かな、日比谷公会堂でお初に出会ったとき以来、わたしの心の友であります。東京生まれの私、「サンハウスのいる博多に行くんだ!」なんて思っていたのですから・・・あれから33年(?)。人生いろいろです。やっぱり「風を吹け」が一番好きだな・・・
 
 では、いってまいりやす!
広告

屋久島~指宿~鹿児島3日目その1(屋久島~指宿温泉)

標準
☆屋久島~指宿~鹿児島3日目その1
 
 前日素晴らしい夕日を見せてくれた屋久島のお天気は、ド・ピーカン。ホテルをチェックアウトし、高速船ロケット号の就航の時間まで、宮之浦港の道すがらを観光。
 
 屋久島にはたくさん滝があって、どれも個性的な顔を持っています。一日目は大川の滝、二日目は千尋の滝。この滝は、巨大な一枚岩の花崗岩のむこうを流れています。そして、三日目には直接海に落下するトローキの滝を見ました。遠くから見てもなかなかのものですが、海から遊覧船なんかで見ると、もっと迫力があると思われます。
 
 これは小学生まで屋久島に住んでいらした、ロシア駐在のY氏から聞いた話なのですが、昔、昔、杉の伐採をしまくっていた頃の屋久島には、材木長者が多く、花街なんかもあったそうです。お金持ちのおっさん達は、このトローキの滝の上流あたりで屋形船に芸者さんを乗っけて、酒盛りされていたそうです。
 今そんな光景は全然思い浮かばないような屋久島ですが、その代償としてもっともっと広がっていた、生きている森が残り少なくなってしまったことを忘れてはいけないのだと思いました。
 
 宮之浦港のレンタカーに車を返却する前に、志戸子ガジュマル園を見学しようと、入園する直前にオリックスレンタカーさんから電話あり。高速船ロケット号が船の故障のため欠航となったので、別の高速船トッピー号に乗るよう連絡が入りました。レンタカー屋さんって、こんなサービスまでしてくれるのですね。感謝、感謝でどうにかトッピー号に乗り込み、一路鹿児島まで向かうのでありました。
 
 さらば屋久島、来年は体重をもっと落として、筋肉つけてまた来るぜ!(ほんとかよ~~)