中国珍道中(桂林、海南島)桂林2日目~その1~

標準
☆中国珍道中(桂林、海南島)桂林2日目~その1~
 
 今回の桂林観光のハイライトである、漓江下り。桂林から阳朔まで、漓江を遊覧船に乗って観光します。水墨画の世界を約5時間堪能しました。お昼は船内で出されるということでしたので、全く期待していなかったわたしは、北京で買った甘栗とおしゃぶり昆布を持参。
 
  遊覧船は、ぶつかっちゃうんじゃないかと思うくらいの大量な数。まるで戦艦が何艘も川を下っていくようです。さすが観光の街桂林です。欧米人やらなにやら、とにかく観光客だらけ。
 
 船がどんどん川を下って、段々と水墨画の世界に引き込まれていきました。一度見てみたかった光景を現実に見られるという感動と、そして実際に見られるなんて思ってもいなかっただけに、そこに居られる幸せを感じました。浸食されずに残った、とんがった山々が遠山ぼかしに見える。ぼけ~~っと見ているだけでも、ちょっと癒される感じです。しかし、船内の隣の席の団体は(中国系の団体)大きな声でトランプをして盛り上がっています。なんだかな~~何しに来たんだかこの人たち。と思うくらいの騒がしさででした。
 
 でも、何でもすぎるのはいけませんね。5時間近くも見ていると、段々飽きてきてしまう。お昼時に出されたお料理は、あまり食べれませんでしたし。甘栗が無かったら飢えておりました。船の中で作っていますから、いろいろと頭の中で想像してしまうわけです。船員や給仕やら物売りをしているお姉さんたちは、みんなその船で寝泊りしているようでしたし。
 
 船の中の環境は別として、漓江下りはお奨めです。漓江は、水が綺麗なんです。綺麗だけれど中国の他と比べたら綺麗なのであって、前回の中国珍道中西安編で同行したお水博士なら何というでしょうかね。彼が言っていたように、中国の水事情は深刻です。漓江も、どう考えても水かさが浅い。川の水も綺麗に透き通っていますが、こんな数の遊覧船が毎日行き来するとしたら、ここの水が汚染されるのも時間の問題なのではないでしょうか。
 
 やっと船は阳朔に到着。ここには西街という、中国の古い街並みがあります。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中