中国珍道中(桂林、海南島)桂林1日目~その1~

標準
☆中国珍道中(桂林、海南島)桂林1日目~その1~
 
 昨年の秋、北京経由で桂林、海南島へ行ってきました。桂林は初めて。海南島は二度目です。北京であちらのお友達と合流。一泊して飛行機で桂林に向かいました。
 
 桂林は山水画でも有名な景勝地。「桂」というのは、金木犀などの木犀を意味します。私は金木犀しか知りませんでしたが、中国語で「金桂」、「銀桂」、「四季桂」、「丹桂」と4種類あって、日本で言われている金木犀はどうやら「丹桂」のことらしいです。「金桂」は花が黄色くて香りも良く、「桂花茶」や「桂花酒」として日本でも有名ですよね。
 
 桂林の町は木犀だらけ。時期的にちょっと遅かったせいか、金木犀の花見はできませんでした。相当な数の木犀ですから、これが一斉に咲いたら凄く綺麗なのだと思います。ちょっと残念でした。
 
 桂林に到着してまず最初にお昼ご飯。現地ガイドさん曰く、
「こちらでは、4本足のものは机と椅子以外は全部食べま~す。」
だとさ。そして自慢げに、
「こちらの名物料理は、猫と蛇のスープです。とても高級な料理ですから、前もって予約しなくてはなりませ~ん。」
げ!予約すっかよ。ひえ~~!!とんだところに来たもんだ!着いた早々、昔から噂されていた料理の話しがっ!とっても、そわそわしながらレストランへ。すると結構綺麗。
「桂林は中国で一番水が綺麗なところで~す。」
それもうそくせ~~。しかし、お料理はどんどん出てくるのでありました。
 
 お昼から丸テーブルで結構なお料理をいただくのが、中国珍道中では当たり前のことであります。
 
 桂林は南ですから、どちらかというとピリ辛系です。桂林で有名な超辛い青唐辛子の辣醤をつけて食べます。前菜は結構美味しかったです。そしてメインのお肉ですが・・・・
 
 むかし、むかし、「こまわりくん」という漫画が一斉を風靡しました。しかし、このことを知っているのは、「マカロニほうれん荘」知っているくらいの年代の人だと思われます。八丈島のキョン!キョンの炒め物です。あんな可愛いいキョンを私は食べました。でも、鹿も食べたことあるから。ま、いいか・・・・ (結構美味しかったし・・・・)
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中