中国珍道中その7(三門峡)

標準
☆中国珍道中その7
 
 中国滞在四日目の続き。三門峡ダムを後にして、三門峡の町にある(田舎にしてはそこそこの町)ホテルで宿泊、チェックイン後、「明珠賓館」(宿泊ホテル)内のレストランにて食事。ここの名物は、川魚料理らしいのですが、今回のツアー、「魚介類、鮮魚類、一切禁止条例」お水博士から出ておりましたので、皆でそれを実行しておりました。ですから、嫌な客だったと思いますが、そこは中国料理、何でもござれで結構美味しくいただきました。
 あ、そういえばいい忘れていましたが、「オールディーズ」さん達は、食事の度に白酒を満喫されていました。私は絶対飲めないので、「ワイン」だとかビールしか飲まなかったれど、この時も56度の白酒を飲んでよい気分になって楽しそうでした。
 食事も結構美味しくて、玉蜀黍を一粒づつ揚げたお料理が絶品でした。聞く所によると、塩卵の粉末をまぶして揚げているらしいです。「塩卵の粉?」誰かそんなの見たことありますか?知っていたら是非教えてもらいたいです。あと、中国風ハンバーガーまたは中華風おやき?みたいなのもあり、ここのお料理はちょっと変わっていたけれど、凄く美味しかったです。
 食後、ホテル内に「BAR」の看板を発見!寝酒でも飲もうと思い店の前まで行きましたが、怪しいブラックライトと店内の暗闇を見て、日本のホテルでいうところの「BAR」ではなく、「キャバレー」?「ピンサロ」?かと思われ、即Uターンして部屋に戻りました。あれって、そういうこと?もしかして・・・って感じでした。要するに小姐が隣に座って、膝こすり合いながら楽しく歌う「カラオケバー」なのでしょう。そして、私は深夜遅くまで赤の他人の上手くない歌を聴きながら眠ったのでありました。この不思議なホテルに一泊、お次は三門峡→洛陽→鄭洲を専用車でかなりワイルドなドライブ!中国のフリーウエイを突っ走りました。これ、本当に凄かったです。Devil Gate Drive(Suzi Qatoro姉さんの曲知ってる人いるかな?)。。。。。つづく
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中